クレジットカード現金化は安全に利用できる?

クレジットカードによる現金化は法律的にOKか?

クレジットカード現金化とは、分かりやすく言うと、クレジットカードで購入した品物を売って現金を得る方法のことです。
自分で商品を売買して現金化することもできますが、手間や効率の問題で、クレジットカード現金化を専門とする現金化業者が存在します。
では、クレジットカードの現金化は法律的にOKなのでしょうか?

クレジットカードの現金化は法律的に違法ではない!

結論から言うと、クレジットカードの現金化は法律的に違法ではありません。
もし、違法だとすると、堂々と店舗を構えて現金化を行う業者はいるはずがありません。
皆さんも、クレジットカードで物を買ったけど、使わないから中古ショップに売ってしまったという経験もあるでしょう。
極端にいうと、これもある意味では現金化ですね。
初めから換金目的か否かの違いですが、そんなことその人に聞かないと分からないです。
したがって、こういった現金化を取り締まる法律がないのです。

法律的に違法ではないがカード会社の規約に違反する

クレジットカードの現金化は法律的に違法ではありませんが、カード会社は規約で禁止しています。
本来は、現金を一時的に必要であれば、キャッシング機能を使ってお金を借りる必要があります。
仮にクレジットカード会社が現金化を認識した場合、利用をストップされ、最悪除名という処分が下る可能性があります。

以上説明した通り、クレジットカードの現金化は法律的に違法ではありませんが、カード会社の規約には違反します。
法的に罰せられなくても、カードを利用できなくなる可能性があることを認識することが重要です。

現金化をする流れを知ってトラブルを未然に防ぎましょう

クレジットカードは、ショッピング利用時に分割払いやリボ払いを利用しても、立て替え払いという性質上から金利は低く抑えられています。カードローンよりも遥かに低金利で現金を調達出来ますが、低リスクで利用するためには現金化の流れを理解しておくことが大切です。

キャッシュバック方式の現金化業者を選ぶ

クレジットカードで購入した商品は、カード決済を行った時点では占有しているに過ぎず、代金を完済して初めて所有権が自分のものとなります。現金化業者を利用する際には、申し込みを行なうとクレジットカードと決済金額に応じた現金換金率が提示され、納得したら決済手続きに進みます。クレジットカード所有者本人と確認するために、本人確認書類を求められることが一般的です。実際に決済手続きが終わると、数日以内に自宅に購入商品が届くので完済まで保管しておけば良いでしょう。カード決済後に順次指定した銀行口座に現金が振り込まれる仕組みです。

現金化業者から届いた商品は自宅で保管する

現金化業者から届いた商品は、自宅で商品代金完済まで保管しておけば問題ありません。代金完済後は、購入商品を基本的に捨てても構いません。商品購入とキャッシュバック特典はあくまでも別のものと考えて良いので、所有権がカード会社から本人に移るまでの間は、商品保管義務が発生するわけです。

手にする現金は商品購入特典です

現金化業者から振り込まれる現金は、商品購入特典ですから、代金完済前に受け取る流れに何ら問題はありません。販売店である現金化業者が、どの程度のキャッシュバック特典を用意するかは基本的に自由です。購入商品を代金完済前に転売さえしなければ良いわけです。